2009年07月11日

河野博文【ONからのラブコール・・】

前巨人軍監督・長嶋茂雄氏が投手交代を告げる際、審判に

『ピッチャー、ゲンチャン!』

なんてコールしていた野球ファンの間では有名なエピソード・・


この『ゲンチャン』とは日本ハム・巨人などで活躍した左腕投手、
河野博文のことを指している。(こうの・ひろふみ)


ニックネームの由来は日本ハム時代からチームメイトにそのいかにも
『北京原人』に似た、いかつい風貌からネーミングされたらしいのだが
はたしてご本人はそう呼ばれていたことにどう感じていたのだろうか。


河野は84年、駒澤大からD1位でファイターズに入団。背番号は『18
1年目から先発ローテに食い込み、8勝をマーク。(13敗)
体の乗った左腕から繰り出す、ズシリと重そうなストレートが特徴的。


2年目以降は低迷するも入団4年目の88年には防御率2.38
好成績でリーグ第一位。初のタイトルを獲得する。


この年の成績は、6勝5敗9S。完封2つを含む完投も5回記録して
おり、先発に、抑えにと大車輪の活躍でチームに貢献した。


とゆうのも、80年代後半から90年代前半くらいまでで『ファイターズの
左投手』と言って名前がでてくるのが河野ぐらい・・と言っても過言では
ないほど、当時は慢性的な左不足・・。


河野がフル回転を強いられなければいけない事情もあったが裏返せば
先発、中継ぎどちらにもにも適応できる順応性が河野にはあったわけだ。

また谷間でたまに先発してきては物凄い好投をしてしまうというのも
印象的で通算26完投のうち、完封という数字もそれを象徴している。


しかし河野にとって恐らく生涯忘れ得ぬ、【好投】となったのが89年、
8月31日の東京ドームでのロッテ戦。

初回、先頭打者・西村徳文に打たれた1安打のみに抑えながらも
完投負けを喫している。

もっとも自軍が0点に抑えられて0−1で惜敗したものだが初回の
失点が西村のヒットから自らのエラーが失点に結ぶ付いたもので
後味の悪いものとなった。


そんなチーム内でも貴重な左腕投手であった河野が95年オフ、
取得したFA権を行使することになった・・

次ページに続きますが1クリックして頂けると明日への活力に
繋がります。よろしくお願いいたします!

       
   にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ


続きを読む


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。